高齢化の進行が予想される

EC021_L

しかし,増加のようすは山の手地域ほどではなく,特に大田区南部にある都営住宅では
建て替えが進んだこともあり,老年人口率の上昇は少ない。西部地域では,山
の手地域と同様に,1970年にはいずれの種類の住宅においても老年人口率が
低かったが,1990年には著しく増加した。老年人口率が20%以上を占める住
宅は,都営住宅と公団・公社住宅において半数以上を占めるまでになり,高齢
化の進行は顕著である。また,都営住宅と公団・公社住宅において老年人口率
が20%に達していない住宅でもその直前の段階である50歳代人口率が高く
なっており,今後ますます著しい高齢化の進行が予想される。

普段は遊び道具でも緊急時には非難用具になる設備もあると安心です。家 高く売る ←こちらではさまざまな不動産を見られます。

北部地域や東部地域においても老年人口率は,1970年にはすべての住宅で
5%未満であったが,1990年には20%以上に増加している住宅とそうでない
住宅に分かれている。公団住宅は,居住者の入れ替わりが激しい賃貸住宅が中
心であるため,老年人口の著しい増加がほとんどみられなかった。しかし,江
戸川区や足立区北部の都営住宅では1970年と同様に5%未満の老年人口率が継
続されたものと葛飾区や足立区南部の都営住宅のように1990年になって著し
く増加した住宅とに分かれる。東部地域の江戸川区では,これまでにみた他の
地域に比べて高齢化は著しく低く,1970年時点にも老年人口率は低かったが,
1990年においても増加はしているものの低い状態である。

都営住宅と公団・公社住宅の高齢化への変化パターンが異なる点は,都営住
宅では平行移動的な加齢以上に高齢化が進行していることである。